Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://selmenia.blog122.fc2.com/tb.php/149-908c3480

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

隼は往く 雲の果て

hayabusa.jpg

 標題部の歌詞と機体スタイルから気付いていた人もいると思いますが、昨日の新造機は陸軍一式戦闘機"隼”でした。
 "隼”は、日本の軽戦闘機、格闘戦主義時代の最後を象徴する機体で、ギリギリの設計だったため7.7mm二門(後期は12.7mm二門。20mm換装型は重量増加による性能低下のため不採用)の火力しか得ることができず、戦争中期既に実用に耐えないものとなっていました。それでいて、美しいデザインや、軽戦士・小兵大好きな国民性のせいか高い人気を誇っている機体でもあります。「加藤隼戦闘隊」の歌も知名度の一因でしょう(作詞当時は九七戦ですし、四番は後世の制作ですが……)。
 ちなみに三重県の陸上自衛隊明野駐屯地には旧陸軍飛行学校の将校集会所が明野航空記念館として保存されており、加藤建夫中佐の等身大肖像画があったりします。明野航空記念館毎年11月の明野航空祭の時に公開されています。伊勢市からも近鉄で数分の距離なので、伊勢参りや半月聖地巡礼のついでにでも。

 とはいえ、現状のRSE大戦機パックにおいても、"隼"の不遇がそう変わるわけではないのもまた事実なんですね……(苦笑)。というのも、SRNを含めて現在私がリリースした機体で7.7mmを装備しているのはハリケーンとスツーカD型だけであり、そのハリケーンでさえ装備数は八門という状態ですから、I-16やバッファローなど大戦初期の機体が充実するまでは不人気機の位置を抜け出すことができないと思います。まあrsu次第で何とでもなるのがRSEの怖いところにして面白いところですが……ユニット充実したら火葬戦記やり放題(何。

 画像はテクスチャ割当段階のものです。
 以前の飛燕テスト版以来試行錯誤してきたものが安定してきたな、という感じですね。胴体テクスチャが同じ方向を向いているのは、前回の零戦21型で「ワイヤー線に合わせて塗装したのにカウルの塗り分けがずれる」という現象が発生したことから「メタセコ側でのファイル作成段階でのズレ」を極力防ごうとした結果です(当然「片方の胴体は裏返しになる」という副作用があるわけで、文字を書き込む場合は方向に注意して反転させなければなりません)。元はといえば「フィンランド空軍どうするよ?!」という話から始まったごたごた(制作者の内部事情)も、一段落といったところです。

 (傑作機の新刊買いに行くの忘れてた……orz)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://selmenia.blog122.fc2.com/tb.php/149-908c3480

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Nagara

Author:Nagara
 RaidersSphereシリーズのファンであり、フライトシューティングエンジン"RaidersSphere Engine"でいろいろ作ってるユーザー。
 リアルじゃいろいろ忙しいけれど、いろいろ制作中。




<重要>
C75において、『Blue Moon Strikers』をお買いあげ頂いた方へのお知らせ
修正ファイル(09.11.22)が出ています。
・改行ミス等の修正
こちらからDLしてください。
 よろしくお願いします。






過去作品の修正ファイル


 『Silver Raiders Night』修正・機体追加ファイル(08.10.25版)は こちら

 『天翔けるRaidersバカ』修正ファイル(08.08.18版)はこちら
 FIX版では機体解説の文字数を見直しておりrsuファイルが旧版と一致しません。そのためオンライン対戦が可能なように機体データを修正しています。



制作物関係のお知らせ

RaidersSphereUploaderに投稿していた単発自作ミッション「RaidersBride!」再公開中です。
DLはこちらです。

最近のトラックバック

本日までのスクランブル機数

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。